誠実なブローカーに乗り換え

弊社はこの事業を20年前に開始しました。顧客の投資がブローカーや銀行に利用されているのを目にし、–もっといいシステムが作れると考えました。

OANDAが際立つ理由

OANDAは単なるトレーディングシステムではありません。お客様やお客様の取引を保護するために努めながら発展してきました。

流動性

流動性

弊社のプライシングは、流動性プールに始まります。弊社には、お客様に提示する価格が他の誰かの利益になるような\"ダークプール\"や内部流動性がありません。弊社のプライシングは世界の主要銀行のネットワークからのみ取得したもので、それ以外はありません。

プライシング

プライシング

他のディーラーは、お客様からのオーダーで自分が利益を出せるかどうかによって、個々のプライスをゆがめたり、個々のオーダーを拒絶したりすることがあります。弊社はオーダーを選別しません。リクオートや拒絶をすることなく、すべてのクオートを実行します。OANDAでは誰もお客様のポジションを標的にしたり、ストップを追いかけたり、プライシングを変更したりすることはできません。

弊社のテクノロジー

弊社のテクノロジー

弊社は自社でトレーディングシステムを構築し、所有しています。他のトレーディングプラットフォームはお客様の取引を第三者に転送することが多く、お客様の取引を受諾する場合も却下する場合もあります。OANDAとの取引では、市場が変動すれば約定します。拒絶、リクオート、\"ラストルック\"はありません。

執行のファイアウォール

執行のファイアウォール

弊社のシステムは完全自動化されています。そもそも最初からそのように構築されました。

弊社のヘッジ方法

一部のブローカーは、お客様に損失が発生する場合にのみ利益を上げることができ、お客様が成功すると撤退するように求められます。OANDAではそのようなことはありません。弊社は弊社のリスクを管理しているため、お客様と協力することができます。

リスク管理

リスク管理

弊社のリスク管理決定は、お客様の約定のタイミングや価格に決して影響を与えないように行われています。

3つの簡単なステップで、OANDAに移管

ステップ 1 - 申し込み

申し込み

簡単なオンラインフォームは数分で記入できます。

ステップ 2 - 入金

入金

ログインし、資金を預け入れます。

FXCMのお客様であれば、新規のOANDA口座にすばやく直接入金したり資金を引き出したりできて便利です。

ステップ 3 - 取引

取引

弊社の使いやすいOANDAプラットフォームまたはMT4を使用して、初めての取引を行います。

プレミアムのお客様ですか?

プレミアムのお客様には、それぞれのトレーディング要件にお応えします。VIP顧客として、小幅のスプレッドや個別のプライシングにもアクセスすることができます。

プレミアム口座は預金額50,000ドル以上を対象とし、リクオートはありません。 プレミアム口座の詳細をご覧ください

信頼性の高いOANDAのパートナー企業:

MT4パートナー企業
Beeks FXパートナー企業
MultiChartsパートナー企業
MultiWaveパートナー企業

卓越した執行

執行は、お客様が支払う価格に影響します。弊社の最新のV20全執行エンジンは、たった1ミリ秒で取引を執行できるようになりました*。

FXおよびCFDのお客様の資金

ヘッジ機能がついた世界で最も人気の高いトレーディングプラットフォームMT4で取引

FXおよびCFDのお客様の資金

受賞歴を誇る弊社のOANDAトレーディングプラットフォーム

* 数字は、2016年6月1日から9月1日までにOANDAのレガシーとOANDA V2.0約定プラットフォームで約定したすべての成り行き注文(MT4が作成したオーダーを除く)の受領から応答までの平均往復レイテンシー測定に基づいています。

輝かしい受賞歴

受賞

受賞

世界’最高のリテール FX プラットフォーム - FX-Week e-FX Awards 2016

受賞

受賞

最高の総合顧客満足度 – Investment Trends US FX Report 2016

OANDAへの移行

デモ口座を開設し、取引戦略を調整

デモ口座を試す

今すぐ本番口座を申し込むと数分後には取引できる場合があります

本番口座を開設

損失が投資額を超える場合があります

よくある質問(FAQ)

米国でOANDAの顧客向け事業を規制しているのは誰ですか?

全米先物協会(National Futures Association、NFA)および全米商品先物取引委員会(CFTC)がOANDAの米国の顧客に対する事業の運営を規制しています。

OANDAの米国の顧客は米国でいつから規制されていますか?

OANDAはNFAによって2003年から規制されています。

NFAはOANDAに対して、何件の規制措置を発動していますか?

OANDAは規制実績を誇りにしており、お客様に満足していただくために組織全体で団結して取り組んでいます。OANDAはNFA、CFTCのいずれの規制措置の対象にもなったことはありません。 NFA Background Affiliation Status Information Center (BASIC)ツールで、弊社の規制実績を他社と比較していただけます。

私は米国在住の顧客ではありません。私の最大の利益のために監視する規制機関はありますか?

はい。OANDAは世界で6つの規制当局の管轄下にあります。お客様の口座の規制当局はお住まいの国と、お客様がどのOANDAに口座を開設しているかによって異なります。詳細は、規制セクションをご覧ください。

プライシングの仕組みを教えてください。

弊社のプライシングは、流動性プールに始まります。弊社には、お客様に提示する価格が他の誰かの利益になるような「ダークプール」や内部流動性がありません。弊社のプライシングは世界の主要銀行のネットワークからのみ取得しています。

OANDAは私の取引を執行するために第三者に転送しますか?

弊社は自社で良質のトレーディングシステムを構築し、所有しています。他のトレーディングプラットフォームは、単にお客様の取引を第三者に転送しているだけのこともあります。OANDAとの取引では、取引相手が明確で、市場が変動すると約定します。拒絶、リクオート、「ラストルック」はありません。

取引の約定エンジンは、OANDAが有利になるように価格をゆがめることはありますか?

いいえ。他のディーラーは、お客様の投資から自分が利益を得られるかどうかによって、個別取引の価格をゆがめていることがあります。弊社のシステムではそのようなことはできません。すべてのお客様に1つのレートを呈示しています。誰もお客様を標的にしたり、ストップを追いかけたり、プライシングを変更したりすることはできません。

OANDAは私の取引に干渉しますか?

弊社のシステムは完全に自動化されており、手作業による介入はありません。そもそも最初からそのように構築されました。弊社のリスク管理デスクのトレーダーは、お客様のオーダーに値がつけられ、約定するまで見ることはできません。だれもお客様の取引に干渉することはできません。

OANDAがリスクを管理する際、私の取引を約定するタイミングや価格に影響することはありますか?

弊社のリスク管理決定は、お客様の約定のタイミングや価格に決して影響を与えないように行われています。
よくあるご質問の続きを読む

オンライン取引プラットフォーム

革新性を誇る弊社専有FXおよびCFD取引プラットフォームは、抜群の約定力と市場の奥行を組み合わせたもので、ディーリングデスクは介在せず、レートの再呈示もありません。

†免責事項:

差金決済(CFD)や貴金属は米国居住者の方はご利用いただけません。

商品先物取引委員会(CFTC)では、米国の個人為替トレーダーが利用できるレバレッジを主要通貨については50倍、その他すべての通貨については20倍に制限しています。OANDA Asia Pacificでは、為替商品の最大レバレッジは50倍とし、CFDについては提供されるレバレッジ限度が適用されます。OANDA Canadaのお客様の最大レバレッジはIIROCが決定しますが、変更される場合があります。詳細は、規制および財務コンプライアンスセクションをご覧ください。

MT4 Hedging Capabilitiesは米国居住者にはご利用いただけません。

米国居住者の方は、ヘッジ機能をご利用いただけません。

OANDAのAPIでは、完全に暗号化された通信チャネルを通じてセキュリティ保護され、認証の必要なインターネットセッション上で、ユーザーのアプリケーションがOANDAの取引サーバーと直接通信できます。

APIの使用はOANDA Tradeのユーザーインターフェイスが起動している必要はありません。ただし、APIが行うリアルタイムのアクションをモニターするために使用することができます。

OANDAは注文をリクオートすることはなく、リクエストを当社のサーバーで受信した時点で有効な市場価格で執行します。自動的な取引拒否はせず、成り行き注文が執行されないのは、注文が価格変動を避けるためにお客様が設定した上限/下限を外れている場合、あるいはお客様の資金が不足していて取引を執行できない場合のみです。

お客様の資金にリスクがかかります。取引の損失は投資額を超える場合があります。レバレッジ取引はリスクが大きく、誰もに適しているものではありません。詳細はこちらをご覧ください