OANDAの高度なチャート

様々な最先端のインジケーターや描画ツールを参照しながら、OANDAの高度なチャートから直接、外国為替やCFDを取引できます。

チャートから取引

高度なチャート内から、オプションの買い/売り(Buy/Sell)パネルを使ったり、チャートを右クリックすることにより、指値注文やストップオーダーなどの注文を出し、モニターし、取引を手じまうことができます。

高度なチャート内から、指値注文やストップオーダーなどの注文を出し、モニターし、取引を手じまう

テクニカル指標

移動平均、MACD、ボリンジャーバンド、ストキャスティクス、一目均衡表、出来高、アルーン、バランスオブパワー、ドンチャンチャネルなど、65を超える人気のテクニカル指標からお選びいただけます。

65を超える人気のテクニカル指標から選ぶ

描画ツール

ピッチフォーク、ギャンファン、エリオット波動などの様々な描画ツールを使用して、市場のトレンドを分析します。また、注記ツールを使用して、今後の参照のためにチャートにメモを書き込んだり、記号を追加することもできます。

ピッチフォーク、ギャンファン、エリオット波動などの様々な描画ツールを使用して、市場のトレンドを分析する

チャートのインターバル

1か月(1m)も含め、5秒(5s)以上の間隔のチャートで、外国為替やCFDの価格トレンドを分析します。インターバルの変更(Change Interval)オプションを使用すると、カスタムの期間を閲覧できます。

1か月(1m)も含め、5秒(5s)以上の間隔のチャートで、外国為替やCFDの価格トレンドを分析する

今すぐ始める

デモ口座を開設し、取引戦略を微調整します

デモ口座を試す

ライブ口座を申込むと数分で取引できるようになります

ライブ口座の開設

損失が投資額を超える可能性があります

よくある質問(FAQ)

高度なチャートはどのように設定するのですか?

チャートを右クリックし、プロパティ(Properties)オプションを選択すると、いくつかの方法で高度なチャートを設定することができます。

買い/売り(Buy/Sell)パネルを非表示にすることはできますか?

買い/売り(Buy/Sell)パネルを右クリックし、非表示にするオプションを選択します。あるいは、灰色のバーをクリックしてチャート上のお好みの場所までドラッグすると、パネルを移動させることができます。

高度なチャートからどのようにすれば取引できますか?

チャートを右クリックするか、[取引(Trading)]をクリックするか、買い/売り(Buy/Sell)パネルを使用することにより、チャートから新規の成り行き注文、指値注文、ストップオーダーを行うことができます。買い/売り(Buy/Sell)パネルが見つからない場合は、[取引のプロパティ(Trading Properties)]内に表示するよう再設定できます。

ウォッチリストとは何ですか?ウォッチリストはどのように設定/非表示にするのですか?

デスクトッププラットフォームでは、高度なチャート(Advanced Charting)ウィンドウでウォッチリスト(Watchlist)を使用し、レートをモニターしたり、複数の商品間で素早く切り替えることができます。

[シンボルを追加(Add Symbols)]のテキストフィールドで検索し、ご希望の商品をクリックすると、シンボルを追加できます。シンボルを削除するには、ウォッチリスト内の商品の上にマウスポインターを移動させ、赤い[X]をクリックします。

ウォッチリスト(Watchlist)を非表示/表示するには、ウォッチリストの左側に小さな矢印があります(ウォッチリストが非表示になっている場合はチャートの右端になります)。

カスタムのインターバルのローソク足チャートを表示するにはどうすればよいですか?

[インターバル(Intervals)]のドロップダウンの横に、縦に並んだ3つの点があります。それをクリックするとチャートのインターバルを変更することができます。基本インターバルの倍数を入力するだけで、カスタムのインターバルを表示できます。例:10s = 10秒、7 = 7分、4d = 4日、3w = 3週間、2m = 2か月。

ビッドまたはアスクのチャートを見ることはできますか?

できません。高度なチャート内のチャートタイプはすべて中間値を使用しています。

同一ウィンドウで複数のチャートを見るにはどうしたらよいですか?

チャートの右上隅にある灰色のボックスをクリックすると、様々な表示を設定できます。このドロップダウンでは、同一ウィンドウに最大8つのチャートを読み込み、お好みの設定を行うことができます。

左のサイドバーに沿ったチャート設定(Chart Settings)がいくつかありますが、これは何ですか?

マグネットモード(Magnet Mode、デフォルト=オフ)を使用すると、チャートの厳密な価格で終了するトレンドラインを描きやすくなります。ローソク足/価格ライン近くにトレンドラインを描くと、トレンドラインがカーソルからやや離れ、特定のローソク足/価格ラインにくっつきます。

描画モード継続(Stay in Drawing Mode、デフォルト=オフ)を使用すると描画しやすくなります。描画が終わった後、描画ツールの選択を外すのではなく、描画モード継続を選択しているとオプションが表示され続け、ボタンをもう一度クリックしなくても次の描画ができます(例えば、描画モード継続がオンになっていれば、トレンドラインのタイプを毎回選択しなくても、複数のトレンドラインを描けます)。

すべての描画ツールをロック(Lock All Drawing Tools、デフォルト=オフ)を使用すると、チャートを操作しようとして(例えば履歴を再検索したり、スケールを変更するなど)、間違ってトレンドラインや描画ツールを動かすことがありません。

すべての描画ツールを非表示(Hide All Drawing Tools、デフォルト=オフ)を使用すると、ご希望の時にすべての描画ツールを一時的に非表示にすることができます。これにより、描画ツールをオフに切り替えることができ、削除してもう一度追加する必要がなく、価格の動きをよく見ることができます。

描画をすべてのチャートに同期(Sync drawing to all charts、デフォルト=オン)を使用すると、例えば5分足チャートに追加したトレンドラインや他の描画ツールを15分足(や他の間隔の)チャートでも表示することができます。これがオフの時は、特定の間隔の商品チャートに加えたトレンドラインや他の描画ツールは、別の間隔のチャートに切り替えてもコピーされません。
FAQを拡大

オンラインデモ取引口座

OANDAのデモ口座を開設して、外国為替やCFD取引の高度なチャート機能や特性をお試しください。

†免責事項:

差金決済(CFD)や貴金属は米国居住者の方はご利用いただけません。

商品先物取引委員会(CFTC)では、米国の個人為替トレーダーが利用できるレバレッジを主要通貨については50倍、その他すべての通貨については20倍に制限しています。OANDA Asia Pacificでは、為替商品の最大レバレッジは50倍とし、CFDについては提供されるレバレッジ限度が適用されます。OANDA Canadaのお客様の最大レバレッジはIIROCが決定しますが、変更される場合があります。詳細は、規制および財務コンプライアンスセクションをご覧ください。

お客様の資金にリスクがかかります。取引の損失は投資額を超える場合があります。レバレッジ取引はリスクが大きく、誰もに適しているものではありません。詳細はこちらをご覧ください