スプレッド コストシュミレーター

取引収益性に対するスプレッドの影響は、見落とされることがよくあります。2 PIP スプレッドから 2 PIP スプレッドへの移動は、多いようには思われず、2 PIP スプレッドから 1.8 PIP スプレッドへの移動は重要ではないようにすら思われます。しかし、どちらの場合も、取引スタイルによっては、収益性にかなり影響することがあります。

このシュミレーターを使用して、さまざまな取引シナリオでのスプレッドの影響を数量化し比較します。(使用する数学や一部の用語の説明については、スプレッドコストシュミレーターのヘルプを参照してください。)

この計算機は保守的なプロのトレーダーに一般的と思われるシナリオが事前に入力されています。独自の変数を代入してさまざまなシナリオを試すことをお勧めします。たとえば、2 pip と 1.8 pip との差を重視するより積極的なトレーダーは、次の値を入力する可能性があります。取引 – 1 日当たり 5 回。売買の平均レバレッジ - 20:1。過去の利益率 - 20%。現在のスプレッド - 2 pip。新たなスプレッド - 1.8 pip。

取引アクティビティ : 売買
平均取引レバレッジ : :1
口座資金量 :
過去の対資金利益率 : %
現在のスプレッド : pips
新しいスプレッド : pips
以下の結果を参照してください。

 
1 年当たりの取引数 =
 
年間の取引量 =
取引数 x レバレッジ x 口座資金量
 
 
絶対スプレッド コスト =
 取引量 x スプレッド 
2
 =
 =
 
 
相対スプレッド コスト =
 絶対スプレッド コスト 
口座資金量
 =
 =
 
 
 
 
対資金利益率 =
新しいスプレッド
口座資金量の
 
 

商品先物取引委員会(CFTC)では、米国の個人為替トレーダーが利用できるレバレッジを主要通貨については50倍、その他すべての通貨については20倍に制限しています。OANDA Asia Pacificでは、為替商品の最大レバレッジは50倍とし、CFDについては提供されるレバレッジ限度が適用されます。OANDA Canadaのお客様の最大レバレッジはIIROCが決定しますが、変更される場合があります。詳細は、規制および財務コンプライアンスセクションをご覧ください。

これは一般的な情報の提供のみを目的とし、提示された例は説明目的のもので、OANDAの最新価格を反映していない可能性があります。また、投資の助言や取引への勧誘ではありません。過去の実績は将来のパフォーマンスを示唆するものではありません。

お客様の資金にリスクがかかります。取引の損失は投資額を超える場合があります。レバレッジ取引はリスクが大きく、誰もに適しているものではありません。詳細はこちらをご覧ください